最近の記事
header_logo.GIF

ベトナム語・ベトナム進出ならお任せ下さい。

2008年12月21日

ベトナムはAPICTA 2008銀賞を受賞

2008年10月27日にベトナム情報処理協会(VAIP)が行った
「Improving Market Access for ICT Outsource SMEs」会議の発表によると、全国
のソフトウェア開発企業は約1.000企業あり、その内25人数以下の企業は90%で
ある。2007年の統計によりと、ベトナムのソフト産業の売上高は49800万ドル、
その内の輸出が18000万ドルと著しく発展した。しかし、ベトナムのソフト産業
では、世界のソフトウェア開発の分野において、独自のソフトウエアはまだ認知
されていない。
(2008年10月28日Khoa Hoc & Doi Song新聞より)

posted by Mark at 02:35| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IBM社はホーチミン市国家大学に技術移転

ホーチミン市国家大学のソフトウェアセンター傘下のIC Design Research and
Education Center (ICDREC) は電子IC加工および技術移転契約をIBM社と
締結した。
この契約により、IBM社は65 nm、90 nm、130 nm、CMOS、RF CMOSなどの半導体
技術に関する技術仕様、資料、設計書をICDRECに移転する。
移転された資料はICDREC側が電子ICの設計・研究・育成のに各大学に提供される。
さらに、IBM社は32ビット処理プロセッサの設計関連情報とサンプルをICDREC
に提供、ICDREC は設計から製造まで担当し、IBM社は製品の大量生産が可能と
なる。ICDRECはベトナムでの製品の提供窓口になる。
(2008年10月25日Tuoi Tre新聞により)

posted by Mark at 02:19| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パナソニック株式会社 はベトナムで--------------┐ テクノカレッジに投資

Panasonic Vietnam社の阿部信弥社長は以下のように語った。、同社は教育や環境
分野への財政的支援を重視し、2009年度には、ベトナムで生産技術短大を建設し
ます。目的は工業生産分野で働く労働者に対する管理能力・技術の向上にあります。
ハノイ工科大学とともに、ソフトウェアエンジニアの育成における協力関係を
構築しました。プログラムはP-classと呼ばれ、毎年優秀な学生30人が参加し
ています。                
(2008年10月27日TBKTVN新聞により)

posted by Mark at 02:19| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報技術育成センタの建設に関し、ハノイ工科大学-┐                             は日本と協力する

最近、駐ベトナム日本国特命全権大使の坂場三男氏はハノイ工科大学を訪問した。
この際、技術情報学部と機械学部のセンターをハノイ工科大学に設立を表明した。
Higher Education Development Support Project on ICT (HEDSPI)より設立を援
助し、ハノイ工科大学側は人材育成を担当する。
ハノイ工科大学の役員は“目標達成のため、育成環境を充実させる”と発表した。                        
(2008年10月27日Buu Dien Viet Nam新聞により)

posted by Mark at 02:18| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムのソフト産業が発展中

2008年10月27日にベトナム情報処理協会(VAIP)が行った
「Improving Market Access for ICT Outsource SMEs」会議の発表によると、全国
のソフトウェア開発企業は約1.000企業あり、その内25人数以下の企業は90%で
ある。2007年の統計によりと、ベトナムのソフト産業の売上高は49800万ドル、
その内の輸出が18000万ドルと著しく発展した。しかし、ベトナムのソフト産業
では、世界のソフトウェア開発の分野において、独自のソフトウエアはまだ認知
されていない。
(2008年10月28日Khoa Hoc & Doi Song新聞より)

posted by Mark at 02:13| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトウェア・デジタルコンテンツ研究所を設立

2008年10月27日に、ハノイの情報通信省の本部事務所(18Nguyen Du道)は、
ソフトウェア・デジタルコンテンツ研究所の設立式を行った。この研究所は
ソフト・デジタルコンテンツ開発に関する研究、政策・計画の立案および実施、
人材育成などを担当する。
当日中に、この研究所はアメリカのLaserFiche ドキュメント・イメージング社、
日本のトリニティーセキュリティーシステムズ社(T-SS社)と契約を合意、締結した。  
他に、この研究所はベトナム情報処理協会(VAIP)、ベトナムソフトウエア協会
(Vinasa)、ベトナム電子産業企業協会(VEIA)、ホーチミン市情報技術協会(HCA)
などベトナム国内企業およびMicrosoft, IBM, Intelなど海外企業と長期協力
契約を合意締結した。
(2008年10月28日VietnamNet新聞より)

posted by Mark at 02:12| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

74%のベトナムインターネットの利用者が----------┐ Googleを常時利用

Vinalink社の調査結果による、74%のベトナムインターネットの利用者がGoogle
を常時利用している。Yahoo!の利用者は14%と推定される。
2社はキーワード式オンライン広告を重視している。
現在、ベトナム国内の電子新聞とオンライン広告のウェブサイトは、この分野で
の市場シェアはまだ低い。
(2008年10月09日Dau Tu新聞により)

posted by Mark at 02:12| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20代のベトナムエンジニアが半導体関連学会で----┐ 論文を発表

2008年11月の初めに、IEEE(米国電気電子工学会)のSSCC
(Solid-State Circuit Society:固体回路分科会)が主催する、アジア地域を中心
とした半導体集積回路用電子回路技術に関する主要な国際会議を福岡市(日本)
で開催した。
ベトナムの代表者は20代エンジニアのTran Dac Khoa氏とHoang Thien Huong氏
(ベトナムのRenasas デザイン有限会社)である。
今回の参加テーマは、Tran Dac Khoa氏は「PND(Portable Navigation Device)
向けプロセッサー「SH-Mobile R2」のローパワーとハイパフォーマンスの最適化」、
Hoang Thien Huong氏は「8つのCPUを搭載したマルチコアのさらなる高性能化の
実現手法」である。
(2008年10月30日Tuoi tre新聞より)

posted by Mark at 02:11| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

400人が日本基準のIT情報技術者試験を受験

2008年10月19日に、Hoa Lacハイテック工業団地の傘下VITEC
トレーニングセンターとハノイ工科大学主催で第14回目の
技術者試験を実施した。

これまでの応募者は約7000人で、合格率は15%である。
さらに、2008年の秋の試験では、ハノイ、ダナン、ホーチミン市で
同時に行われ、約400人の応募があった。
(2008年10月21日のGiao Duc & Thoi Dai新聞により)

posted by Mark at 20:09| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナムは世界で第3位のオフショア開発国になる目標を掲げる

ソフトウェアと電子エンタテイメント国際展覧会(ISGAF2008)に
おいて、ベトナムソフトウエア協会(VINASA)はオフショア開発に
関するセミナーを行った。

VINASA の評価により、近年に、ベトナムのオフショア開発の成長率は
毎年50%の継続的な成長を続け、多数の企業が関心を持っている。

2007年のオフショア開発の売上高は49800万ドルで、2003年売上高の
10000万ドルと比べて、急激に成長している。世界経済危機にも
関わらず、ベトナムは世界で第3位のオフショア開発国になる目標を
掲げる。(インドと中国の次となる)   
(2008年10月21日のTBKTVN新聞により)

posted by Mark at 20:07| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本基準によりIT技術者の試験

2008年10月19日、Hoa Lacハイテック工業団地の傘下VITECトレーニング
センターはVan Lang大学で14回目情報技術のIT技術者の試験を開催した。

今回の試験は全国で約431受験者がFE試験(基本情報技術者試験相当)
に参加し、ハノイ・ダナンとホーチミン市で開催されました。また、
これも同じ日に日本の試験制度を移植し導入した日本、マレーシア、
モンゴル、フィリピン、タイ、ベトナムを含むITPEC(Information Technology Professional Examination Council)の各国における同じ
テーマが設定実施される6回目アジア共通統一試験である。

posted by Mark at 20:02| Comment(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする