最近の記事
header_logo.GIF

ベトナム語・ベトナム進出ならお任せ下さい。

2013年08月30日

ベトナム(ホーチミン市)の日本語学校売りたし!

詳しくは、グローバル・シーまでお問い合わせください。
posted by Mark at 03:23| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

在ベトナム日本語学校売りたし!

興味のある方はグローバル・シーまでご連絡ください。

カテゴリ 資産
人的資源 正社員:日本人講師1名、ベトナム人講師1名、スタッフ2名(受付、アドミン)
非常勤:日本人講師3名、ベトナム人講師10名
無形資産 カリキュラム、ライセンス、ブランド、顧客
有形資産 書籍、椅子、机、電気設備、ネットワーク設備、消防設備、エアコン、その他の内装
現金 銀行口座残高、キャッシュ、各種債務・債権

従業員
日本人正社員講師1名
ベトナム人正社員講師1名
日本人非常勤講師3名
ベトナム人非常勤講師10名
アドミン 警備1名:毎日19時〜翌日8時勤務。
受付・雑務1名。
GSC本社のアドミン2名。

ターゲット顧客

一般学生教育ではドンズとさくらとの対抗は無理との判断であるため、日本への留学・勤務紹介の事業で発展見込みがある。
そのために、下記のターゲット顧客を望んでいる。
1.在日の日本語学校
 ベトナム人留学生を採用する窓口、そして、事前日本語教育拠点として在ベトナムのキャンパスを設立したい日本語学校。
2.日本の人材派遣会社
 ベトナム人を採用し、日本へ派遣する目的で、ベトナム法人でありながら、事前に日本語教育する拠点。
3.ベトナム人をたくさん採用したい日本の会社
 ベトナム子会社でありながら、本社のために、ベトナム人採用と日本語育成拠点。

譲渡希望者の方へ

詳しくはグローバル・シーまで
posted by Mark at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

 インボイス制度に関する新規定−よくある10の質問−

◆最新税制・投資情報(2011年4月)
 インボイス制度に関する新規定−よくある10の質問−
http://r11.smp.ne.jp/u/No/214414/0AYOkkcIFbcI_1777/JP_20110428_1.html


◆最新税制・投資情報(2011年3月)
 2010年度個人所得税確定申告に関する詳細なガイダンス
http://r11.smp.ne.jp/u/No/214414/07fJd0cIFbcI_1777/JP_20110428_2.html
posted by Mark at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

自家発電や休日振り替えで対応 電力事情を探る(2)(ベトナム)

◆自家発電や休日振り替えで対応 電力事情を探る(2)(ベトナム)
 2011年04月14日 ホーチミン発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/biznews/4da64dc0055f0


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆民営の発電所建設進まず 電力事情を探る(1)(ベトナム)
 2011年04月13日 ホーチミン発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/biznews/4da40e89a48d0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆拡大する国内市場に投資相次ぐ コーヒー産業の現状(2) (ベトナム)
 2011年04月12日 ハノイ発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/biznews/4da2c66d86470


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆価格上昇で輸出額は4割増の見通し コーヒー産業の現状(1)(ベトナム)
 2011年04月11日 ハノイ発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/biznews/4da27d4e4edb8


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ホーチミン市近郊でレンタル工場が不足(ベトナム)
 2011年04月04日 ハノイ発
 http://www.jetro.go.jp/world/asia/vn/biznews/4d95548e14438
posted by Mark at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

ベトナム工業団地に進出する日本企業を募集中!


□ BBAH_Brochure_Eng-Japan_Final.pdf: 日本語版パンフレット

□ Tariff.pdf: 工業団地入居価格表

□ Map260909.pdf: 地図

お問い合わせはグローバル・シーまで
posted by Mark at 02:01| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

日本人営業者募集(ベトナム)

 30代男性
 大卒。
 (日本製造業向け)営業知識。
 不動産知識があれば、尚更。
 ベトナムで2年ぐらい仕事。
 ホーチミン市中心の営業活動。
 月給 1500 〜 2000ドル

お問い合わせはグローバル・シーまで
posted by Mark at 00:24| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

ジェトロ中小企業支援センターハノイ」の開設と入居者募集のご案内

ジェトロは10月15日に中小企業の国際展開支援の一環としてジェトロ中小企業
支援センターハノイ(SSCH)をベトナム・ハノイに開設します。
ベトナムでの拠点設立を目指す中小企業に対して、短期間オフィススペースを提供し、
スムーズな拠点設立や進出後のビジネス展開に関する総合的なコンサルティング
サービスを提供いたします。

9月16日より入居者の募集を開始しています。ベトナムでの拠点設立を目指す中小
企業の方は是非、本サービスをご利用ください。

■詳細・申込:  http://www.jetro.go.jp/services/ssc/

■お問い合わせ先:
在外企業支援・知的財産部 在外企業支援課(担当:櫻井、遠藤)
〒107-6006 東京都港区赤坂1丁目12-32 アーク森ビル6階
TEL:03-3582-5017 FAX:03-3585-7289
posted by Mark at 15:14| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

ベトナム財政省 財政アカデミー・財政科学研究所を訪問

http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kouryu/kou68.htm
[コラム]ベトナム税制・税務行政支援のための調査出張(2009.2)
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kouryu/kou65.htm
[コラム]ベトナム財政省に対する税制・税務行政支援:現地における国際租税セミナー
の開催(2009.2)
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/kouryu/kou66.htm

posted by Mark at 21:59| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ベトナムビジネス相談【最初の1回:無料】』について

(1) これから進出にあたって具体的に相談したい (パートナー/エリア等)
(2) 進出をしており、現在、不安材料を抱えているので アドバイスしてほしい
(3) 新しい法律・法令の改正情報がほしい
  (新企業法及び投資法、改正労働法、法人税法の施行細則政令等)
(4) 工業団地情報を入手したい
(5) 現地での雇用、人材の確保などについて知りたい
(6) ベトナム一般情報(国民性等)を聞きたい     
               など・・・・・こんな時、お気軽にお問合せください。

◆ご連絡先:(財)大阪国際経済振興センター(IBPC大阪) 担当:大平
      TEL:06-6615-5522  FAX:06-6615-5518 Eメール:nc@ibpcosaka.or.jp

     ※下記のホームページからでも簡単にご相談いただけます!
              ↓   ↓   ↓
          URL: http://www.ibpcosaka.or.jp/j

posted by Mark at 00:46| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

Kingston Technologyはベトナム駐在事務所を開設

2009年02月26日、Kingston Technology(メモリメーカー)はベトナム
駐在事務所の開設を公表した。CMS社・ FPT社・Ingram Micro Asia社は
ベトナムにおけるKingston Technology社製品の販売代理店である。
ベトナム地区取締役Tawny Phan氏は「ベトナムは戦略的に重要な市場であり、
ベトナム駐在事務所をその拠点として開設した。」と語った。
(TBKTVN新聞より)
posted by Mark at 22:57| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日ベトナム社会主義共和国大使館・総領事館

ベトナム社会主義共和国大使館
Embassy of the Socialist Republic of Viet Nam in Japan
〒151-0062 渋谷区元代々木町50-11
電話:03-3466-3311、03-3466-3313、03-3466-3314
特命全権大使:グエン・フー・ビン 閣下
His Excellency Mr. NGUYEN Phu Binh

在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館
Consulate-General of the Socialist Republic of Viet Nam in Osaka
〒541-0059 大阪市中央区博労町1丁目4-10 エステート博労町ビル10階
電話:06-6263-1600
総領事:レ・ドゥク・リュー 氏
Mr. Le Duc Luu
管轄区域:大阪

posted by Mark at 01:06| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ベトナムビジネス相談【最初の1回:無料】』について

〜ベトナムビジネスのことならまずお問合せください!〜

(1) これから進出にあたって具体的に相談したい (パートナー/エリア等)
(2) 進出をしており、現在、不安材料を抱えているので アドバイスしてほしい
(3) 新しい法律・法令の改正情報がほしい
  (新企業法及び投資法、改正労働法、法人税法の施行細則政令等)
(4) 工業団地情報を入手したい
(5) 現地での雇用、人材の確保などについて知りたい
(6) ベトナム一般情報(国民性等)を聞きたい     
               など・・・・・こんな時、お気軽にお問合せください。

◆ご連絡先:(財)大阪国際経済振興センター(IBPC大阪) 担当:大平
      TEL:06-6615-5522  FAX:06-6615-5518 Eメール:nc@ibpcosaka.or.jp

     ※下記のホームページからでも簡単にご相談いただけます!
              ↓   ↓   ↓
          URL: http://www.ibpcosaka.or.jp/j

posted by Mark at 17:07| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

・ホーチミン市]が来阪します!面談希望者募集


■ホーチミン市■
ホーチミン市人民委員会 産業通商局 海外通商/外国市場部 
副部長 Mr. Nguyen Thanh Son (グエン・タン・ソン)さん(英語かベトナム語)
[面談可能時間:3/13(金)、16(月)、17(火)の10:00-17:00。但し12:00-13:00を除く]

場所及び連絡先:IBPC大阪ネットワークセンター(ATCビルITM棟4F M-4)
http://www.ibpcosaka.or.jp/network/whats_center/index_access.html
   Tel 06-6615-5522 Fax 06-6615-5518 Email: akie@ibpcosaka.or.jp
   担当:寺西

posted by Mark at 18:10| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

パナソニック株式会社は第6回修士向け海外留学学金を授与

2008年10月21日に、ハノイで、松下 ・パナソニックグループは第6回
修士向け奨学金授与式を行った。応募者は37名で奨学金を得た3名は
ハノイ工科大学、水利大学、カントー大学 (Can Tho市)の講師・
助教授である。4ヶ月間の日本語研修の後、2009年3月から東京大学と
京都大学に留学する。
(2008年10月22日のBuu Dien Viet Nam新聞により)

posted by Mark at 20:05| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ベトナムは情報技術資金源の行き先

情報技術専門家の分析によると、ベトナムは情報技術の発展著しい国のひとつである。
しかし、ハイクラスの人材不足が難問となりつつある。

アジア−太平洋地域の12ヶ国以上でIDGが検査した結果によると、2009年まで
この地域に221,000人のネットワーク専門家が不足すると見られている。それにより、
ワイヤレス技術やセキュリティ及びIP話などの先端技術についての技能を有し、
ネットワークセキュリティ、ネットワーク技術の専門家が重視されてくる。特に、
ベトナムのような新興国及び情報技術の発展著しい国で、この人材不足が今後さら
に重大な問題になってくるであろう。

NIITグローバル学院システムの代表取締役Vijay K. Thadani氏は以下の様
に語った。機能・技術は更新し続けなければ、3ヶ月後には陳腐化する。これまで、
JavaとSolaris は最新開発技術であり、広く利用され、数年前から、他の国に
おいては、この2つの技術は習得されている。

しかし、ベトナムでは、この2つの技術は大規模に利用・習得されていない。この2つ
の技術を習得、導入することにより、ベトナムの若者に多くの職業チャンスを与えな
がら、情報技術のハイクラスな人材の重大な不足状況が解決できる。とVijay K.Thadani
氏は提言している。

上記の提言を実施すれば、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)及び情報
技術における投資資金の行き先に、ベトナムがなり、さらに、オープンソース技術に
関する規格をはじめとした、国際規格を満たす人材を育成することが、ベトナムの
情報技術に対する投資誘致を促進する。とVijay K.Thadani 氏は語る。

この新しいチャンスを捉えるため、Adobe社, IBM社, Microsoft社等の技術
以外に、NIITはJavaとSolarisのベースでのプログラミング言語のカリキュラム、技術
資料、ツールなどをいち早く吸収するため、エレクトロニクスやコンピュータ機器、
周辺技術の開発専門部門を持つグループ企業であるSun Microsystemsと提携を
通じて、NIITのトレーニングコースを統合する予定であると発表した。

posted by Mark at 04:49| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする